試験日程案内 試験日程案内

事業承継・M&Aエキスパート協会(JME)とは?

事業承継・M&A事業に携わる者の国内随一のインフラとして、本制度の資格取得者が専門性に対する誇りとお客様への責任を自負しつつプロフェッショナルとして活躍することを支援する組織。 資格取得者の皆さまに、各種情報提供や研修の実施、資格取得者の交流機会の設置等を行い、行動力とモチベーションの向上を図り、プロフェッショナルの育成を支援します。

M&Aエキスパート認定制度

M&Aエキスパート認定制度は、中小・零細企業の適切・円滑な事業承継・ビジネスマッチングを支援する人材、とりわけ事業承継対策の重要な選択肢の一つであるM&A(合併・買収)に精通した人材の養成を通じて、中小・零細企業の経営の安定・持続的成長、経営者・従業員の生活基盤の安定、ひいては日本経済の持続的発展・成長に資することを目的とします。

M&Aシニアエキスパート
中小企業M&A実務に関する最難関資格。
日本M&Aセンターの豊富な成約実績に基づいたケーススタディにより、実務ノウハウを習得できます。
新設事業承継シニアエキスパート
事業承継におけるプロフェッショナル資格が新設決定!
※詳細は決定次第お知らせします
事業承継・M&Aエキスパート
事業承継及び中小企業M&Aに関する基本的な知識を確認。
この試験に合格するとM&Aシニアエキスパート養成スクールの受講へとステップアップが可能。

事業承継とM&Aの知識を
網羅的に身に付けられる!

M&Aは、中小企業の事業承継問題を解決するために有効な手段です。後継者不在企業は今や全体の3分の2!事業承継問題からM&Aを検討する企業が増えています。事業承継とM&Aを網羅的に学べるのは、このM&Aエキスパート認定資格だけです。

オーナー経営者様から事業承継の相談を受ける可能性の高い、金融機関や会計事務所などの担当者にとって、非常に役立つ資格です。

後継者不足

国内企業の2/3が後継者不在

※出典:帝国データバンク「後継者不在企業の実態調査」

M&A仲介実績No.1の「日本M&Aセンター」と「金融財政事情研究会」がコラボレーション

M&A実績No.1の「日本M&Aセンター」と、「金融財政事情研究会」が共同企画・運営しています。

25年以上のM&Aノウハウを持つ日本M&Aセンターが講師を務めています。講師全員が現役のM&Aコンサルタントで、案件化のポイントやトラブル防止策など、独自の実践的なノウハウを提供しています。

講師全員が日本M&Aセンターの現役コンサルタント

地元中小企業支援における
協同組織金融機関の役割

日本M&Aセンター 特別企画 トップ鼎談

資格取得者の声

FPとM&Aシニアエキスパートの相乗効果を実感しています

資格取得者
M&Aシニアエキスパート
株式会社東邦銀行佐藤 智春 様

顧客からの様々な要望に応えるために2年前にFP1級を取得しました。現在、弊行の事業承継支援とM&A業務を担当しております。
今回M&Aシニアエキスパートの資格を取得したことにより、FPの知識を用いた事業承継の相談からM&Aシニアエキスパートの知識を活用した解決法の提案を行うことが可能になりました。

お客様の関心の高さを改めて実感いたします

資格取得者
M&Aシニアエキスパート
株式会社名古屋銀行小林 次郎 様

弊行のある愛知県は、全国でも有数の後継者不在企業の多い県と言われております。それだけ事業承継、M&Aに関する関心が高く、課題意識を持っておられます。
課題意識がありながらも、なかなか踏み込んだご相談・ご提案ができていないケースも多かったのですが、今回M&Aシニアエキスパートの資格を取得したことにより、一歩踏み込んで事業承継・M&Aのご相談をお受けすることができるようになりました。

お申込み・お問合せ

M&Aシニアエキスパート養成スクール・試験
お申込み・お問合せ
事業承継・M&Aエキスパート試験
お申込み・お問合せ
協会に関して
お問合せ

PAGE TOP