資格について

特徴・メリット

いま、専門知識のあるM&A担当者が求められています

不動産取引には宅地建物取引士、資産運用・相談にはファイナンシャル・プランナー、事業承継・M&Aには「M&Aエキスパート」

M&Aは、ヒト・モノ・カネ・情報全てが取引の対象となる究極の経済活動です。専門家による取引の安全の確保が不可欠です。

事業承継問題の解決による企業の存続と、企業の発展による地域経済活動活性化は、日本の課題です。
いま、この課題をM&Aにより解決する動きが広がっていることにより、M&A実務家が求められています。

M&A実務家になって地域貢献を目指しませんか?

事業承継とM&Aの知識を
網羅的に身に付けられる!

M&Aは、中小企業の事業承継問題を解決するために有効な手段です。後継者不在企業は今や全体の3分の2!事業承継問題からM&Aを検討する企業が増えています。事業承継とM&Aを網羅的に学べるのは、このM&Aエキスパート認定資格だけです。

オーナー経営者様から事業承継の相談を受ける可能性の高い、金融機関や会計事務所などの担当者にとって、非常に役立つ資格です。

後継者不足

国内企業の2/3が後継者不在

※出典:帝国データバンク「後継者不在企業の実態調査」

M&A仲介実績No.1の「日本M&Aセンター」と「金融財政事情研究会」がコラボレーション

M&A実績No.1の「日本M&Aセンター」と、「金融財政事情研究会」が共同企画・運営しています。

25年以上のM&Aノウハウを持つ日本M&Aセンターが講師を務めています。講師全員が現役のM&Aコンサルタントで、案件化のポイントやトラブル防止策など、独自の実践的なノウハウを提供しています。

講師全員が日本M&Aセンターの現役コンサルタント

PAGE TOP